話題のクラウドファンディングとは?ソーシャルレンディングもその中のひとつ

クラウドファンディングは、ある目的のために、インターネットを経由して不特定多数の人に資金提供を呼びかけ、資金調達を行うことです。クラウドファンディング(crowdfunding)の「crowd」は「群衆」、「funding」は「資金提供」を意味します。

一人一人からの資金提供は少なくても、数多くの賛同者を得ることで目的額に達することができるため、映画製作やアーティストの活動に対する支援、市民活動、科学研究など、幅広い分野で行われています。ベンチャー企業の資金調達の手法としても活用されています。

資金提供に対しては、全くリターンがない「寄付型」、金銭的なリターンがありソーシャルレンディングともいわれる「投資型」、金銭以外のもの(権利や物品など)が提供される「購入型」の3つのタイプがあります。ふるさと納税を、自治体が行う購入型のクラウドファンディングと考えることもできます。

映画の資金調達などでは、その映画がヒットした場合は多額のリターンがあることも考えられるので、クラウドファンディングは、新たな投資方法としても注目されています。

現代ではインターネットを通じて行うクラウドファンディングですが、その仕組み自体は古くから存在していました。17世紀に、書籍編集者が、印刷代を集めるために、寄付者の名前を書籍に掲載するという権利を提供して寄付を集めたという事例があります。

また、アメリカの自由の女神の台座の建設費用は、ジャーナリストであり実業家でもあるジョセフ・ピューリツァーが、自身が経営する新聞「ニューヨーク・ワールド」で、一般市民に寄付を呼びかけたことで調達されました。ピューリツァーは、約6カ月の間に10万ドルに近い寄付を集めましたが、その内訳は1ドル以下の寄付がほとんどだったそうです。

100万人以上もの人が寄付をするという大規模なクラウドファンディングだったのです。2015年には、全世界において、クラウドファンディングで調達された資金は340億ドルと推定されています。日本でのクラウドファンディングの歴史はまだ浅く、2011年の東日本大震災をきっかけに、復興支援への寄付型クラウドファンディングが増えたと言われています。

SNSの口コミで人気に火がつき、ミニシアターでの公開から、全国の映画館での公開へと広がった映画「この世界の片隅に」は、制作資金の約3900万円をクラウドファンディングで集めたことでも大きな話題となりました。

アニメに限らず、映画においては、前例のないパターンの作品についてはスポンサーを見つけるのが難しいため、クラウドファンディングは資金集めの有効な手段となります。「この世界の片隅に」のエンドロールでは、支援者の名前が一人一人クレジットされています。

また、2012年には、F1 レーサーの小林可夢偉さんがF1の活動資金をウェブサイトで募る購入型のクラウドファンディングを立ち上げました。出資者はサイン入りのキャップやキーホルダーを購入するという形をとり、1週間で1億円以上の資金を集めました。

海外で活躍する日本人のロックバンド「Electric Eel Shock(エレクトリック・イール・ショック)」は、クラウドファンディングを活用して、100人のファンから1万ポンドを集め、レコード会社に束縛されず自由な活動を続けることが可能になったと言います。
ソーシャルレンディング成功への道|おすすめ業者で実際にやってみるまで

資産運用でもっとも重要なことは?マネーリテラシーを向上させるために

資産運用を行っていく上で自分の資産を大切に運用を行っていく事は大変重要な事となります。普段から自分の為に多くの資産を増やしていきたいと考える投資家の方にとっても投資信託等は大変重要な事となるのです。株式投資やFX等と比較して比較的低いリスクで自分の大切な資産の運用を行っていくことが可能です。

毎月の分配金等も大変嬉しいメリットですので、このようなメリットを十分に考えて自分の投資を成功に導いていく事が大変重要な事となるのです。投資における自分のポリシーをきちんと持つ事で大変安定したパフォーマンスを得る事が可能となるのです。是非、多くの投資信託商品の中から自分にとってベストな商品を選んでいく事で素晴らしい投資家として安定した収益を得る事を考えてはいかがでしょうか。

低リスクで長期的な資産運用行って行きたい方にとってはこのような金融商品で投資を行っていく事が大変重要な事となるのです。日本株式のみならず海外の銘柄にも投資を行っていけるのが大きな魅力ですので、このような金融商品を是非、楽しんで選んでいきましょう。

個人向け国債は投資家にとっても大変重要な金融商品となるのです。自分の好きな金融商品で最適なポートフォリオを組んでいく事は大変重要な事となるのです。国債は株式等に比べても大変リスクの低い金融商品ですので、投資初心者や過度のリスクを取る事を嫌う投資家にとっては大変重要な金融商品となるのです。

個人向け国債には保有期間もバラエティーに富む商品が多いですし、また金利も固定や変動など、様々なパターンが存在しているので、自分のニーズにとって最適な商品を選らんでいくことで、資産を計画的に増やしていく事が可能となるのです。資産運用を円滑に行っていくには的確なポートフォリオを組んで自分の資産を円滑に増やしていく事が大変重要な事となるのです。

国債や投資信託等の安全性の高い資産を上手く自分のポートフォリオに多く組み入れていく事で大変素敵な投資を楽しんでいく事が可能となるのです。安定して長期間に渡る投資を楽しんで行きたい方にとっても大変便利で優れた商品となるのです。

自分の金銭に関しては自分で適切な管理を行っていく事が当たり前の時代となってきました。普段の自分の生活において大変重要な事は適切なマネーリテラシーをきちんと身につけて最適な資産管理を自分自身で行っていく事です。自己責任の原則が市場で浸透する中で確定拠出年金制度も大変多くの方が興味を持ち、自分の退職金等を適切に運用する事を考えています。

確定拠出年金では個人の専用口座ができ、各々がそこに自分のお金を入れる事で自分自身の責任で運用を行っていくのです。運用自体が自己責任ですので、いかにして適切な資産管理を行っていけるかどうかが大変重要な問題となるのです。普段から自分の好きな銘柄や金融商品に適切な投資を行っていく事で多くの安定した収益を得る事が可能となるのです。

ハイリスク・ハイリターンな1面もありますが、全てを会社に任せる事なく自分の責任で多くの資産運用を行っていけるのは大変素晴らしい事となるのですから、自分で考えて最適なポートフォリをを作っていく事を考えてはいかがでしょうか。

FXを始めるときに注意することと稼いだお金に対する税金は

FX、正確に言えば外国為替証拠金取引は、通貨を売買して、その差額を通じて利益を上げるシステムです。なので、例えばドル円の場合、円を売ってドルを買う、あるいはドルを売って円を買い、しばらくしたらそのポジション(手持ちの通貨のことです)を決済することで利益を出すのです。

もちろん、この決済のタイミングが悪いと、逆に損失を出してしまうので、購入、決済のタイミングは気をつけないといけません。ちなみにこのFXには、株と大きく違う点が一つあります。それはロスカットというシステムがあることです。

このロスカットとは、FX業者が定めた証拠金率より、口座のお金が少なくなった場合、今あるポジションを強制的に売買して、損失を回収するシステムのことですが、このシステムがあるため、塩漬け(値が下がってしまった株や通貨を持ち続けることです)をしにくいFXは株よりも難易度が高くなっています。

他にも、FXにはレバレッジ(倍率)やスワップポイントなどの概念があるので、株とはだいぶ違ったシステムになっています。

FXを始める時に注意すること、それはレバレッジを上げすぎないことです。レバレッジとは倍率という意味ですが、このレバレッジを上げれば上げるほど、少ない元手で大量の通貨を扱うことが出来ます。

なので、レバレッジを上げて取引すると、大儲けしやすいですが、それは大損しやすいということでもあります。日本国内でFXを行う場合、規制がありますのでレバレッジは最高でも25倍ですが、この水準でも、ドル円が数日で5円動くような波のある相場なら、簡単にロスカット(強制的に損切り)されます。

一度ロスカットされると、再び相場が戻ったとしても、(すでに損切りされている以上)ポジションを取り戻すことが出来ないので、損をしたままになります。

なので、FXに慣れるまでは、レバレッジを1桁にしておいたほうが賢明です。レバレッジを上げれば上げるほど、予想外の事態に対応できなくなって一発退場してしまいかねいません。FXをやるなら、これだけは肝に銘じておいたほうがいいでしょう。

FXで儲けを出した場合、税金を払わなければいけません。その税率は、儲けた金額に対して、20.315%です。ですが、この20%強の税金、FXで儲けた人誰もが払わなければいけない
わけではありません。年間を通して20万円以下の儲けしかない人は、払わなくてもいいのです。

なので、本業の間にちょっとFXをしている程度の人は、(儲けが20万を超えない限り)税金を払う必要はないのです。では、儲けが20万を超えたら税金を払わなければいけないとかというと、これも違います。

仕事をしていない人は、38万円まで雑所得を出しても、確定申告をしなくていいので、無職なら、FXで38万円利益を出しても、税金を払わなくていいのです。

ですので、FXで38万円以上の利益を出している人、あるいは職があり、FXで20万円以上の利益を出している人が、税金を払うことになります。

その場合、どれだけ稼いでも税率は20%強で一定なので、FXで1億稼いだ人は儲けの半額を税金で取られたのに、500万しか稼いていない人は儲けの3分の1しか税金を取られなかった、という風にはなりません。いくら儲けても、税金の率は20.315%のまま、変わらないのです。

株式投資の魅力とは・・・そこにあるリスクも考える必要が

投資イメージ

お金は、実質的にすべての我々の毎日の活動と、常に関係しているものですよね。

我々はいろいろな行儀においてお金を扱います。そして、我々の現金と現金が同様に、我々にどう扱われるかはとても重要なことです。 あなたがお金を持つたびにあなたが出費を続けるだけであるならば、あなたが使うお金を持っていない時があります。

あなたが単にそれを使うことなくあなたの現金をわきに保つだけであるならば、それはあなたのためにそこに残るだけです。

それは、本当に賢いお金の扱い方とはいえません。お金はどう貯めるか、どう使うか、と同じくらいどう運用するのかが大事なのです。

大事なことなのでもう一回いいますね。
お金はいかに運用するか、が大切です。

あなたが投資をすることの場合のように賢明にお金を使うことができれば、資産の成長が見込めます。そして、特にあなたが特定の銘柄で最高の株式投資をするならば、あなたはより多くのお金を持てる可能性があります。

特にあなたが通常使わない追加資金を持っているならば、投資をすることはあなたのお金を使う理想的な方法です。それを停滞しておくよりはむしろ、あなたはあなたのお金を成長させるかもしれない株式投資をすることができます。

投資をするとき、あなたは可能性がある結果について考えることなく投資するだけでありません。 あなたの投資が生産的でありえると確信しなければなりません。

そうするために、あなたはちょうどあなたが何で投資しているかについてわかっている必要があります。 そして、あなたは最も効果的な株式投資戦略を備えていなければなりません。

あなたがうまくいく最高の戦略だけでなく株式市場で検索を行うことから始めることができてこれらの全てを持つために特定の市場に深くなることも求められます。

捜索することが財政的なエージェントから忠告することはあなたにとって可能です、そして、慣れた投資家またはあなたは投資について他の内容に加えて本を読むことをおすすめします。

あなたはあなたが係わる予定になっている投資に関してより多くの情報を得るためにオンライン言及をチェックすることができます。

■関連ページ
話題のクラウドファンディングとは?ソーシャルレンディングもその中のひとつ

初心者または初心者投資家は彼らの最初の試みで最高の目録機会さえ所有するかもしれません。 彼らが十分に競争的なさらに彼らが若干のチャンスの優れた投資とシャワーを作る際にすべての状況を得るならば、彼らは確かに成功したようになります。

大きな投資を始めるために、専門家または経験豊富な人の大多数は「最初は少額でもかまわないので定期的な投資で出発するように」と、勧めます。 小さな機会は、損失の低いリスクと成功するより大きな機会を所有します。

あなたが定期的に投資するときはいつでも、あなたがあらゆる投資において得たなけなしの利益はあなたがより大きい投資をする用意ができているとき、あなたが使うかもしれないより大きい総計に集まるかもしれません。

投資をすることはあなたの気晴しであるかもしれません、ただ、あなたはそれに生活のあなたの主要なもとを作ることができるのはもちろん、人生を大きく変えるほどのインパクトを得ることも十分に可能なのです。

ただ、のめり込みすぎにはくれぐれもご注意くださいね。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !